ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 雀百まで踊り忘れず

No.139雀百まで踊り忘れず2014年07月29日

==============================
 ナビゲート通信 No.139
                2014.7.29(月1回発行予定)
==============================

       ★ 雀百まで踊り忘れず ★


週末、近所で盆踊りがありました。

「雀百まで踊り忘れず」ということわざは
あまり良い意味には使われませんが、
盆踊りは、小さい頃によく連れていってもらったので、
大人になった今でも踊り方は身体にしみついており
「祭り」と聞くと「踊り」たくなってしまいます。

会場に着いた頃は、櫓の上で手本の人が踊っているだけでした。
私もしばらくは見ていただけでしたが......
太鼓の音、軽快な歌声に乗せられて、ついつい身体が動いてしまい
「あー、それそれ、よいよい」と踊ってしまいます。
気がつけば、櫓を囲む輪の起点となっていました。


ところで、雀ではなくツバメの話なのですが、
今春、駅近くの防犯カメラの上にツバメの巣ができていました。
駅員さんが段ボールで囲いをしてくれており、
みんなで見守っていましたが、梅雨入りになる頃、
4羽の雛鳥が孵り、無事に巣立っていきました。

ツバメの雛も、この場所で過ごしたことを覚えていて
いずれ親となってこの場所に戻ってくるのでしょうか。


幼児期に覚えたことは生涯忘れない。
そしてそれは脈々と何世代にも渡って
受け継がれていくのだな、と思うと
なんとも感慨深いものがありつつ、
少々恐くもあります。

つまり、最初に何を覚えるかということが大事。

新人さんにも言えることかもしれませんね。


    ↓    ↓
☆ ツバメとお祭りと...

                      [ち]

────────────────────────────────

◆事例:「教えること、教わること」-身近なケース集-

 ○「ナビゲートのOJT ー職場復帰プログラム OJTリーダー編ー」               
   
    4月に育児休業から復帰した[ゆ]の
    OJTリーダーを務めた[ひ]
    復帰後のジレンマを経験した[ひ]からのアドバイスとは......。
               ・・・・・・・・・2014.7.28


────────────────────────────────

◆◇ビジネス基本用語集(現在1100語)◇◆


今月は、「eラーニング」に関する用語をご紹介します。


▽用語の紹介▽

 ・インストラクショナルデザイン
 ・LMS
 ・SCORM


○インストラクショナルデザイン 

インストラクショナルデザイン(略称:ID)とは教育工学の用語で、
学習の効果・効率・魅力を高めるべく、教育プロセス全体を設計する
方法論のこと。教授設計と訳されることもある。
米国で1940年代に研究が始まり、eラーニングが誕生した80年代以降、
高等教育や企業内教育でさらに関心が高まった。
日本では2000年頃からeラーニングの普及とともに注目され始め、
近年では大学の授業設計や企業の研修開発などに活用されつつある。
一般に、インストラクショナルデザインのプロセスは、以下のADDIE
モデルに沿って進められることが多い(ADDIEは各フェーズの頭文字)。
このサイクルを繰り返し回すことで、教材を改善していくことが重要
であるとされる。
  • Analysis(分析)...学習のゴールを明確にし、課題を洗い出す
  • Design(設計)...カリキュラムや教材の内容、教え方などを検討する
  • Development(開発)...教材を作成する
  • Implementation(実施)...教材を使って授業や研修を行う
  • Evaluation(評価)...結果を評価し、改善へつなげる


○LMS 

LMSとは、ネットワーク上でeラーニングコンテンツを管理・運用す
るためのプラットフォームのこと。
大学の講義や企業の研修を補完する仕組みとして活用されている。
主な特徴は、学習者個々の受講履歴や成績の管理を行える点である。
また、メール送信機能や受講者相互のコミュニティ機能をもつものも
ある。学習管理システムとも訳される。
LMSには、各ベンダーによって開発されているもののほか、Moodle
(ムードル)のようにオープンソースのものもある。また、こうした
異なるLMS間でもeラーニングコンテンツの互換性が確保できるよう、
SCORMという標準規格が定義・公開されている。


○SCORM 

学習コンテンツと学習管理システム(LMS)とのインターフェース
やデータ形式を規定している。
従来は、eラーニングのベンダーごとに規格がバラバラで、1つの学
習コンテンツは専用の学習管理システム上でしか動作しない場合が
多かった。こうした状況を改善するため、米国の標準化団体ADL
(Advanced Distributed Learning)がSCORMを制定し、学習コン
テンツの共有化を進めている。これにより、SCORMに準拠した学
習管理システムであれば、学習コンテンツを改変することなく、
共通で利用できるようになった。



────────────────────────────────

◆◇研修News&Topics◇◆  (2014.6.30 - 2014.7.22)


○労働安全衛生法が改正されました。

いよいよ法案が可決、成立されました!
注目されている「ストレスチェック制度の創設」とは......。


○「イクメン企業アワード2014」募集中!

周囲にイクメン、イクボスがいたら、ぜひ!


○矢野経済研究所が企業向け研修サービス市場に関する調査結果を発表

気になる情報満載です。


○「よこはまグッドバランス賞」募集中!

横浜市内の中小事業所の皆さまへ。
条件に当てはまると思われたなら、ぜひ!


○「働き方・休み方改善指標」活用企業募集中!

モデル企業に選ばれると、人事労務の専門的知識を持った
コンサルタントから指導を受けることができます。


─────────────────────────

◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆

・「犬に噛まれて、勉強になり。」 

通勤中に犬に噛まれたのは、労災になるのか?!
災難に遭って学んだこととは......。
                   [よ]2014.7.18


・「レトロなそば屋とコンビニ世代と」 

まさかの注文ミスから、暑さと熱さに耐え、
発見した新たな文化とは......。
                   [の]2014.7.29


────────────────────────────────

◆◇企業人事物語:「正気堂々」◇◆

 ・人事のベテランによる連載、続々更新中です。

 第7章  新生      2014.7.4 - 2014.7.25

 ・29 「退職金の問題点」
 ・30 「基本精神」
 ・31 「ハーモニー」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン登録

このページの先頭へ