ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 「教える」ことから「考えさせる」ことへ

No.138「教える」ことから「考えさせる」ことへ2014年06月25日

==============================
 ナビゲート通信 No.138
                2014.6.25(月1回発行予定)
==============================

       ★ 「教える」ことから「考えさせる」ことへ ★


サッカーW杯で盛り上がる中、寝不足気味の方も
多いのではないでしょうか?
私はといえば、昨年小学校入学を機にサッカーチームに
入団した長男とともにコーチとして参加。
子どもたちも2年生に進級し、成長を感じる場面が増えてきました。

先日、ある大会でなんと準決勝に進出。
優勝も夢ではなく、我々コーチ陣のテンションも最高潮!
しかし対戦相手は優勝候補の強豪チーム。
手に汗握る試合展開でしたが、残念ながら0-1の接戦で
破れてしまいました......。

これまでは、勝っても負けても他人事で、すぐに遊びに夢中に
なっていた子どもたち。
しかしこの日はいつもと違い、試合中に意見交換する場面も。
そして試合終了後は、試合に出られなかった子、十分力を発揮
できなかった子が悔し涙を流す。
そんな姿に思わずこちらも「ウルッ(涙)」としてしまいました。

それからは、コーチも子どもたちへの接し方を変え始めました。
これまでは強く指示して、何かを「やらせる」ことが多かったのですが
「次は何をやるんだっけ?」「さっきのあの場面、どう動けば良かったと思う?」
と、質問を投げ掛けるようにしています。
「えー、わかんない!」とあきらめてしまう子もいますが、
自分で考え行動しようとする子も、少しずつ増えてきました。

「教えこむ指導」から、「自分で考えさせる指導」へ。
皆様の職場ではどのような指導を心がけていますか?

☆「自分で考える」ようになった結果は、こちらから
    ↓    ↓

こんな感じです

                      [ね]


────────────────────────────────

◆事例:「教えること、教わること」-身近なケース集-

 ○「ナビゲートのOJT ~職場復帰プログラムを受けて~」               
   
   OJTリーダーは、育児休業を2回経験した[ひ] 
   OJT対象者は、このたび育児休業から復帰した[ゆ]
   リーダーの経験者ならではの心配りで、
   OJTは順調に進んでいきます。
               ・・・・・・・・・2014.6.9

────────────────────────────────

◆◇ビジネス基本用語集(現在1097語)◇◆


OJTを進めるにあたり、コミュニケーションの取り方は
とても重要。
今月は「コミュニケーション」に関する用語をご紹介します。


▽用語の紹介▽

 ・傾聴
 ・パッシブリスニング
 ・投げ返し法
 ・ハーフアンサー法


○傾聴

もともとはカウンセリングにおけるコミュニケーション技法の1つ。
傾聴の目的は相手を理解することにある。それにより、話し手が自
分自身に対する理解を深め、建設的な行動がとれるようになるよう
サポートする。
傾聴で大切なのは次の3つとされる。
	• 言葉以外の行動に注意を向け、理解する
	(姿勢、しぐさ、表情、声の調子など)。
	• 言葉によるメッセージに最後まで耳を傾け、理解する。
	• 言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す。


○パッシブリスニング(受動的傾聴)

傾聴技法の1つで、相手の話を黙って聞く方法。「あいづち」
や「うなずき」、あるいは話し手の「思いを引き出す言葉」を
投げ掛けてやることで、話しやすくしてやることから「はげ
まし法」とも言われる。


○投げ返し法

指導における解答技法の1つ。学習者からの質問に対し正解を
与えるのでなく、逆に質問で投げ返す方法。
「なぜ~するのか」といった質問に対し、「あなたはなぜだと
思いますか」とそのまま質問を投げ返したり、「もしそうしな
かったらどうなると思いますか」と考える糸口となる質問を投
げ返すことで、学習者が自ら正解にたどり着くように導く。


○ハーフアンサー法

指導における解答技法の1つ。学習者からの質問に対し半分程
度の回答を与え、残りは自分で考えさせるようにする。
例えば「なぜ~するのか」といった質問に対し、「まず1つは
○○だからです。もう1つ理由はあるんだけどなんだかわかり
ますか」と解答の一部だけを与えたり、「そもそもこれは何
のためにやっていたんでしたっけ?最初の目的から考えてご
らん」と考える道筋だけを返すなどの方法がある。

────────────────────────────────

◆◇研修講師紹介◇◆  (2014.6.24)


○村上 由美子氏

 *歯切れよいインストラクションでスピーディーに展開する研修が得意です。

 *おすすめのテーマはこちら
		↓  ↓

  「プロジェクトマネジメント研修/
   プロジェクトマネジメント手法を活用した業務改善研修」

  「エンジニア向けコミュニケーション研修」


────────────────────────────────

◆◇研修News&Topics◇◆  (2014.5.30 - 2014.6.16)


○平成26年度ダイバーシティ経営企業100選セミナーin関東

平成25年度ダイバーシティ経営企業100選受賞企業 3社による
パネルディスカッションが繰り広げられます。


○外国人労働者問題啓発月間

外国人労働者を適正に雇用するために。


○「働きやすい・働きがいのある職場づくり」に役立つツール

「働きやすい・働きがいのある職場づくり」をめざし、
こんなツールも活用してみませんか。


○「キャリア支援企業表彰2014 ~人を育て・人が育つ企業表彰~」公募。

厚生労働省では、従業員のキャリア形成支援に取り組む企業を公募しています。

─────────────────────────

◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆

・「歯科医の今昔」 

子どもに対する歯科医師の対応も、
40年経てば随分変わるものですね。

                   [よ]2014.5.30

・「大河ドラマから感じたこと」 

ごひいきのタレントが出演しているからという理由で
大河ドラマを楽しむ[よ]
一方、そこから現代日本の平和を感じ取る娘。


                   [よ]2014.6.20


・「ニーズに沿った贈り物」 

サプライズもいいけど、たまには「本当に必要なもの」
を贈りたい。ニーズ把握にチャレンジ!

                   [よ]2014.6.23

・「君の名は......」 

4年の時と苦難を乗り越え、ワールドカップ開催と
ともに咲いた可憐な花。君の名は?

                   [の]2014.6.25

────────────────────────────────


◆◇企業人事物語:「正気堂々」◇◆

 ・人事のベテランによる連載、続々更新中です。

 第7章  新生      2014.6.5 - 2014.6.25

  ・26 「退職金とは」
  ・27 「不思議な男」
  ・28 「キックオフ」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン登録

このページの先頭へ