ナビゲートのロゴ

OJTコーナー

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 働く姿勢を学んだOJT

« Back | OJT体験談 INDEX |  Next »

自社のOJT

働く姿勢を学んだOJT

  • Lボタン
  • Mボタン
  • Sボタン

ナビゲート[に]  2017-10-23

Tags:

働く姿勢を学んだOJT

ナビゲートに入社して早半年が経ちました。
大変ありがたいことに、1つひとつの業務を丁寧に教えてもらい、私のたどたどしい質問にも快く答えてくれる先輩に囲まれて毎日を過ごしています。
入社前は「OJTって、新人を現場に放り込んでぶっつけ本番で仕事させるのかな......」などとぼんやり考えていたのですが、当然ながらそんなことはなく、事前説明と実践、フィードバックそれぞれに多くの時間をかけて指導していただいています。

私のOJTリーダーである[よ]さんをはじめ、ナビゲートの社員はみんな優しく、人当たりのよい方たちです。OJTの丁寧さもさることながら、私はこの「みんなが優しい」ことが一番の驚きでした。この半年の間、先輩たちが不機嫌に当たり散らす姿を一度も見たことがありません。仕事が立て込んでいるときも、声をかければいつもフラットな態度で答えが返ってきます。
もちろん、体調不良で元気がない、といった場面はありますし、逆に常時ニコニコしているわけでもありませんが、人が集まる場所には大抵そのときの気分で態度を変える人がいるものだと思っていたので、なんて穏やかな職場なんだろうと感動しました。

入社時、「お客さまや協力会社の方はもちろん、みんなに気持ちよく仕事してもらわないとね」と[の]さんが言っていたのは、仕事をきちんと遂行することはもちろん、誰かとコミュニケーションを取るときに相手に余計な負担をかけない、ということなのだろうと思います。誰だって不機嫌な人よりも穏やかな対応をしてくれる人と付き合っていきたいものです。
先輩方のように気分で態度が左右されない人は、それだけで相手からの信用が増すでしょうし、結果としてよりよい関係性が築けるのではないでしょうか。

きっと先輩方からすれば「そんなこと当たり前でしょ?」と言われてしまいそうですが、新人の私はその当たり前に日々助けられ、またそんな頼もしい先輩のようになりたいと感じています。

しかし今の私はといえば与えられた業務をこなすことでいっぱいいっぱいで、先輩の気持ちを慮る余裕もなく、甘えてばかりの日々を過ごしています。
[よ]さんの「席が離れたOJT」を読むまで、彼女の不安な気持ちも気が付くことができませんでした。まったくお恥ずかしい限りですが、きっと他の場面でも多々やきもきさせてしまっているのだと思います。

いつでも穏やかな振る舞いを、なんて目標はまだまだ遠く、「一緒に働いている人を不安にさせないように、きちんと報告・連絡・相談をする」といった初歩の初歩が課題になっている私ですが、いつか先輩方のように余裕のある社会人に成長できるよう、努力していきたいと思います。


OJT新人ノート

OJT実践ノート

Comments:0

教えること、教わること〜OJT身近なケース集〜のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?


Trackback:0


ナビゲートのOJT教材・研修

採用情報

一緒に働くスタッフを募集中です

OJT実践ノート

書いて残せる「OJT実践ノート」新人を育てる確かな方法があります。

OJT新人ノート

新人の成長を記録し、OJTを活性化させる「OJT新人ノート」

OJT実践ノート紹介動画

「OJT実践ノート」の概要をビデオで解説します。

OJTリーダー養成研修

新入社員受け入れのためのOJTリーダーを育てます。

OJTリーダーフォロー研修

OJT指導の見直しに効果的です。

新入社員読本1st step

研修の副教材や内定者向け教材としてご活用ください。

最近の記事

カテゴリ

過去分一覧(年度別)

タグ一覧

ランキングに参加しています

ビジネスブログ100選

ビジネスブログ100選

このページの先頭へ