ナビゲートのロゴ

OJTコーナー

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 親分肌なOJTリーダー?

« Back | OJT体験談 INDEX |  Next »

営業のOJT

親分肌なOJTリーダー?

  • Lボタン
  • Mボタン
  • Sボタン

販売会社営業職(女性)  2012-08-23

Tags:

親分肌なOJTリーダー?

ある年、営業部に3人の新人が入ってきました。それぞれにOJTリーダー(Xさん、Yさん、Zさんとします)が指導を担当します。この中のXさん、なかなかの親分肌で、自分が指導を担当する新人Aさんだけでなく、他の2人の新人のこともよく面倒をみていました。退社後もよく新人達を食事につれていったりもしていました。
Xさんは、かつて私がOJTリーダーとして指導を担当した後輩です。そんなこともあって「Xくん、初めて後輩ができて張り切ってるなぁ。先輩らしくなったなぁ」と、最初はほほ笑ましく見ていました。ただ、他のOJTリーダー達は、自分の受け持った新人が、自分よりXさんになついているせいか、あまり面白くないようです。たまたまYさん、Zさんと話す機会があったのですが、あるときYさんがこんなことを言ってきました。
「新人のBさんを指導してたら、Xさんはこう言ってましたと口答えされちゃって。なんかちょっとやりづらいんですよね」それを聞いてZさんが、「そうそう、いっそ新人3人とも、XさんがOJTを受け持ったらいいのに」
そのときは、私は「まぁまぁまぁ」となだめたりしていました。

そんなある日、OJTリーダーのYさんが新人Bさんに突然怒り出したことがありました。
「なんで言ったとおりにしないんだ。そんなことをしろなんて、一言もいってないじゃないか!」
イライラがつのってついに切れたといった印象です。Yさんがあんなに激怒するなんて、周囲もびっくりです。新人Bさんは青ざめた顔で突っ立っていました。
すると、すかさずXさんが2人の間に割りこんできました。
「ごめん、Bから相談を受けて、だったらこうしたらと言ったのは自分なんだ。Bは悪くないんだ。すみません」
そう言って頭を下げました。それを横目に新人Bさんもおずおずと頭を下げます。
Xさんに頭を下げられて、Yさんもこれ以上言えなくなってしまったようです。
「......まぁ、そういうことだったら。でも予定外のことをされると困るよ」

それからしばらくして、課内会議があったときのこと。
その会議に、Xさんと新人3人が3分ほど遅れてやってきたのです。課長以下全員を待たせることになったため、進行役だった私は4人に厳重注意をすると、またもXさんが
「すみませんでした。この3人は私が発表する資料づくりを手伝ってて遅れたんです。私の責任です」と頭を下げました。
このとき、私の中にもやもやとした違和感が生まれました。え?何か違うよね。そうじゃないでしょう。Xくんは何か勘違いしている......。そう感じたのは私だけではなかったようです。
案の定、会議が終わってからYさんがきて「あいつ、なに格好つけてんですかね。ドラマの見過ぎじゃないですか?あれが新人のためになると思ってんですかね」と不快感をあらわにしました。
そうなんだ。これはOJTではない。Xさんは親分肌を気取って、新人を手下のように囲い込んでいるだけだ。新人がピンチのときにいつもXさんが先に謝ることによって、新人はXさんに恩を感じるかもしれないが、新人の主体性を損ねているんじゃないだろうか......。そんな不安がよぎりました。

その日の夜、私はXさんを呼んで話をしました。
「Xさん、新人達の面倒見がいいのはいいけど、YさんやZさんもOJTリーダーなんだから、もっと配慮したほうがいいと思うよ」
Xさんは、言われていることがよく飲み込めないようでした。「でも、新人達が自分を頼ってくるんですよ。相手にしないほうがいいんですかね」
「そうは言ってないけど、YさんやZさんにも考えがあるからね。OJTリーダー同士でもう少し話し合ったうえで、新人にかかわらないと」
「ああ、それはそうですね。気をつけます」
「それとね、責任感が強いのはけっこうだけど、新人が謝るべきときは、新人に謝らせないと。なんだか、いつもかばっているように見えるんだけど」
「うーん、そんなことはないんですけど。まぁ、わかりました」
私は、言いたいことがうまく言えていないように感じたし、Xさんもあまり納得していないようではあったけど、それ以上言葉は見つかりませんでした。

その後Xさんは、多少は他のOJTリーダーにも配慮するようにはなったようです、でも新人達との結束はますます強くなっていき、それに反して新人達と他の先輩達との距離は開いていくように見えました。
これはOJTとしてうまくいっていると言えるのか、うまくいっていないのか。いやいや、自分が心配し過ぎなだけであって、こういう形もありなのか、でも何だか違う気もします。
なんとなく釈然としないまま、私は異動となり職場を離れました。あのとき、グループリーダーとして後輩に指導すべきことがあったのではないか、などと今でもふと思ったりします。


OJT新人ノート

OJT実践ノート

この記事のトラックバックURL
http://www.navigate-inc.co.jp/cgi-bin/mt51/mt-tb.cgi/2264

Comments:0

教えること、教わること〜OJT身近なケース集〜のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?


Trackback:0


ナビゲートのOJT教材・研修

採用情報

一緒に働くスタッフを募集中です

OJT実践ノート

書いて残せる「OJT実践ノート」新人を育てる確かな方法があります。

OJT新人ノート

新人の成長を記録し、OJTを活性化させる「OJT新人ノート」

OJT実践ノート紹介動画

「OJT実践ノート」の概要をビデオで解説します。

OJTリーダー養成研修

新入社員受け入れのためのOJTリーダーを育てます。

OJTリーダーフォロー研修

OJT指導の見直しに効果的です。

新入社員読本1st step

研修の副教材や内定者向け教材としてご活用ください。

最近の記事

カテゴリ

過去分一覧(年度別)

タグ一覧

ランキングに参加しています

ビジネスブログ100選

ビジネスブログ100選

このページの先頭へ