ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >研修歳時記:生涯能力開発給付金

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

文字サイズ 拡大ボタン 縮小ボタン

2000年5月30日

研修歳時記:生涯能力開発給付金

category : [仕事・職場

writer :[の]

そろそろ書類の提出期限が迫ってきましたが、ご準備はいかがですか?

厚生労働省の「生涯能力給付金」制度を利用すると、社員教育にかかった費用の一部が、企業に助成されます。

ご存知なかった方、「制度があるのは知っているけど、手続きが面倒そうで......」と導入を先送りにしている方、または既にルーチン業務として定着しているけど、本当はよくわかっていないという方、

そんな方々のために、今回は、助成を受けるためのポイントをざっくりと解説しましょう。
●助成を受けるためには?

* まずは予め計画書を提出する必要があります。毎年1回、期間は4月〜6月末まで。
* 訓練実施後の申請は年2回(10月と4月)。実際に修了した段階で初めて助成の対象になるわけです。

●助成の種類は?

「生涯能力開発給付金」には以下の2つの種類があり、それぞれ助成内容が異ります。
 (給付金の支給対象については、ここでは触れません。長くなるから......)

* 「能力開発給付金」...社命による教育訓練が対象になる。
* 「自己啓発助成給付金」...厚生労働者の申し出による教育訓練が対象になる。

●どんな教育が助成対象になる?

大事なポイントは次の3つです!(ちょっと乱暴ですけど)

* 計画的な教育であること。ただし計画の途中変更は可能です。
* 1訓練コースが延べ10時間以上であること。
* 実際に受講者が訓練を修了していること。

 <対象とならないもの>
OJTや役員講話、社内業務や自社製品に関する研修、QCサークルなど、企業固有のノウハウや活動に関するものは対象になりません。
海外研修、洋上セミナーなど豪勢なものや観光・娯楽・親睦の要素を含むものもダメ。禅寺研修など精神修養の類も対象外です。
●教育訓練の対象者となるのは?

* 雇用保険の被保険者である従業員が訓練対象となります。
* パートタイマーでも、6カ月以上の常時雇用、またはその予定であれば対象者として認められます。

▲ TOP

さて、訓練内容がクリアされたという前提で、訓練形式別に制約条件をみてみましょう。

通常のパンフレットでは、「制度の種類→訓練形態」という説明がされています。これがけっこうややこしい......。

よってここでは「訓練形態→制度の種類」 つまり、「この教育訓練はいったい対象になるのか」という逆引の視点で解説します。

1)企業内研修の実施、外部主催の公開セミナー等への参加は?

 →概ね「能力開発給付金」の対象となります。

* 訓練は2種類以上であること。

年度内に2種類ということですから、計画書を提出するまでにすでに修了しているもの(例えば新入社員研修など)であっても計画書に記入できます。

* 1訓練が述べ10時間以上であること(例外除く)。

例えば、10時〜17時までの1日公開セミナーへの出席した場合は、述べ7時間ですから対象となりません。

* 社内研修の場合は受講対象が2人以上であること。

外部が主催する研修への参加は、1人でも認められます。
2)通信教育の受講

 →概ね「自己啓発助成給付金」の対象となります。

* 1コースが3カ月以上12カ月以内であること。

*訓練内容によって対象者の年齢制限があります。中小企業の場合は少なくとも25歳以上、大企業の場合は35歳以上でなければ給付対象となりません。
3)各種学校への通学

 →概ね「自己啓発助成給付金」の対象となります。

* コースを修了、または出席率が基準を満たしていること。

通学した期間も給料を支払っていた場合(有給教育訓練休暇を与えた場合)とそうでない場合とで、給付内容が異ります

一部の例外を除き、1コースについて10労働日以上であることが条件です。1コースの訓練時間、1日の訓練時間にも細かく制約がついてるので注意が必要です。

さていかがでしょう。みなさまの会社で行う教育訓練は該当しそうですか。

ここまでは第一関門です。
この先、企業規模、訓練の内容、訓練の種類、対象者の年齢などによって、助成内容がさらに細かく枝分かれしてます。ふぅ......。
詳細はリンクをたどってみてくださいね。


■ 関連リンク一覧

これは企業に対しての助成でなく、個人に対しての助成についてです。参考までに。

Comments:0

気まぐれ歳時記のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://www.navigate-inc.co.jp/cgi-bin/mt51/mt-tb.cgi/288
トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.