ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >飛行機の窓から

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

文字サイズ 拡大ボタン 縮小ボタン

2002年9月 4日

飛行機の窓から

category : [旅行・海外生活

writer :[ち]

夏休みが終わり北京に戻ってきました。
まだ暑いかと思っていたのに曇っているせいもあり寒いくらいです。

日本から中国へ向かう場合、西へ向かうことになるので、窓からの風景はずっと夕暮れでした。
地上の夕暮れのオレンジが赤になり黄色になり緑になって青になって黒い夜に溶け込む、空のグラデーションが見えました。振返ると小さく,飛行機の窓からのシルエットが見えて、「ああ日本が遠くなる......」と寂しくなりました。
日本にいるときはそろそろ北京に戻りたいなと思っていたのですが、いざ帰ってみると妙に日本が恋しいです。
そしてやり残していたことを次から次に思い出すのです。
行き忘れた場所、食べなかったもの、会わなかった人......まだあと何週間と思っているうちにあっという間に夏休みは終わってしまいました。
飛行機のラジオで日本の懐かしのヒット曲がかかっていました。
チューインガムの「風と落葉と旅人」、森山良子の「歌ってよ夕日の歌を」など、聞けば「ああ、あれか」という曲が続きます。
そして、3時間の飛行時間もまもなく終わりを告げる放送が聞こえたときかかり始めたのが、さだまさしの「秋桜」。
急に真面目に聞きたくなって、前奏が流れ始め、はやく歌いだして......と思ってやきもきして、やっと歌いだしたところで「北京空港に到着しました」のアナウンス。なんだかちょっと惜しかったです。
母が横浜にある成田空港へ向かう長距離バス停まで見送りにきて、乗り込むときになって急に涙ぐんでいたのを思い出してしまいました。
今は日本から持たせてもらったお菓子やおかずを少しずつ小出しにしながら日本の味を楽しんでいます。


Comments:0

気まぐれ歳時記のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://www.navigate-inc.co.jp/cgi-bin/mt51/mt-tb.cgi/121
トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.