ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX > 2003年

« 2002年  | 気まぐれ歳時記INDEX |  2004年 »

気まぐれ歳時記

2003年

2003-12-29

師走〜今年を振り返る〜

今年もあとわずか。 振り返るとバタバタした一年でした。 例年になく旅行をした年でもありました。 ちょうど1年ほど前、友人が杭州へ用事があったため、私も見学に一緒に行くことになりました。美しい西湖と浙江省料理に感動したあと、隣の上海へ。そのころ、上海博物館は創立50周年記念で「晋唐宋元書画国宝展」が開…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-12-25

残業・ケーキ・クリスマス

残業・ケーキ・クリスマス

イブの夜もすっかり更けました。なのに私はまだ会社です......。 だいたい年末のこの時期は普段より忙しいわけで、例年残業になってしまいます。 でもどんなに夜遅くなっても、たとえチキンが食べられなくても、ケーキだけは欠かしたことがありません。ホールは食べきれないので数ピースを買って帰ります。 ケーキ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-12-19

北京ショッピング事情

本格的な冬が近づく北京です。 しかし、この時期は太陽が出るとまだ少し暖かいので、その柔らかい日差しに誘われて出かけたくなります。 先日、北京の中心街「王府井」へ久々に出かけてきました。都市と呼ばれながらも、上海などと比べたら明らかに田舎だった北京も、ここ数年で急に開発が進んでいます。 私が北京へ来た…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-12-09

自転車で出かけよう〜引き取り〜

お昼休みを含め2時間の休憩をもらい、自転車の引き取りに行くことにしました。 しかし、その日は午前の仕事が長引き、少し慌てて日吉駅に向かいました。 行き先の土地名が表示してあるバスがちょうど見えたので飛び乗り、ゆられること20分、目的地の終点に着きました......が、その場所はどうも違うようです。 …

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-12-08

自転車で出かけよう〜駐車違反〜

自転車が好きです。 夏でも冬でも、風を切って走ると爽やかな気持ちになります。それになんといっても手軽です。 私はナビゲートへ通うとき、自宅から駅まで自転車を使うことがたまにあります。 家から最寄り駅までの距離はさほどありません。歩いて20分弱です。でも自転車でいけば8分ですので、特に忙しい朝などは助…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-11-29

フランス旅行記〜あとがき〜

フランス旅行記〜あとがき〜

パリ旅行は本当に素晴らしい思い出になりました。 たくさんの思い出が胸に収まっていて、それはまるで和音のように同時に飛び出します。だからかえって、ありがちな表現しかできません。 「西洋なんか興味はない」そう思っていました。 私は中国の芸術に魅かれて北京に来ました。そしてもう5年目になります。欧米にかな…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-11-28

フランス旅行記〜思い出を語るもの〜

9月26日。 パリ滞在最後の日はちょっと緊張して朝を迎えました。 友人の部屋で、フランスパンとチーズと紅茶で朝食を食べながら最終日の予定を確認します。 10日間滞在したパリもいよいよ本日18時の飛行機でさようならです。しかし、それまではまだまだフランスを楽しめます。 食事の後、お土産を買うためにスー…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-11-25

フランス旅行記〜思い出を買おう〜

9月25日。 来たばかりのころは暑かったのですが、ここ数日は大分冷え込んできました。 ニットのチョッキを着て、友人と朝食を買いに行きます。 近くの八百屋でトマトと果物、ハム屋で薄切りハム、イタリアチーズ屋でモッツェラチーズを買いました。 パン屋ではフランスパンを買います。焼き立ての長いパンは袋に入れ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-11-17

フランス旅行記〜捕まる〜

9/24。肌寒い朝です。前日から高校時代の友人が2人パリへ来ています。 今日はその2人と、フランスに来て最初に泊めてくれた友人と私の4人でパリを観光することになっています。お互い時間のすれ違いが多く、日本にいてもなかなか会えないのに、このパリで久しぶりに会えたということは、とても不思議な感じでした。…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-11-12

フランス旅行記〜危険?!な体験〜

昨夜あまり眠れず、朝から気分が悪かった友人は、シテ島から部屋へ戻ることになりました。 私は、また1人でパリを探索することにします。 今いるシテ島からルーブル美術館の北側の道を西方面に歩いていきました。進んでいけば「アンジェリーナ」があるはずです。"モンブラン"が有名で、日本でも各地に支店があります。…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-11-10

フランス旅行記〜パリ、さまざまな場所で〜

9月22日夜。 私はパリにいるもう1人の友人の家に宿を移しました。 「カルチェ・ラタン(ラテン地区)」と呼ばれる、パリ大学が多くある地区に友人は住んでいます。 夜8時15分、私はアパルトマンに着き「26」と書かれたボタンを押しました。インターホンのスピーカーから懐かしい声が聞こえ、1階ドアのロックが…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-11-06

フランス旅行記〜in the Paris〜

9月22日。 パリに来て1週間が経ちました。今日から別の友人の家へ宿を移します。 今まで泊めてもらった友人と一緒にコインランドリーへ行き、使用したシーツやブランケットなどを洗いました。 パリでは、洗濯機がある家は少なく、多くの人がコインランドリーを利用するそうです。 私が洗濯物を乾燥させている数十分…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-11-01

日吉の街がうずく

10月31日の夕刻。 弊社の前の通りが何やら騒がしくなってきました。 アコーデオンの演奏が流れ、洋服を脱ぎ捨てた若い男女がその場でボディーペイントをしています。そしてダンス、DJ、演劇、映像、ポエム......。 慶応大学の学生アーティストによる路上パフォーマンスがはじまりました。 弊社は横浜の日吉…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-29

フランス旅行記〜ピカソの苦悩?〜

「カルト・ミュゼ」3日目は、期限が切れる前にこの券を活かそうと、あちこちまわりました。 まずは「St.Sebation」駅へ行き、そこからピカソ美術館へ向かいます。 駅からは大分離れていて、地図を頼りに探しました。 「Where is......ピカソ ミュゼ?」と英語らしき変な言葉で、歩いていたお…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-23

フランス旅行記〜ルーブル美術館〜

「カルト・ミュゼ」2日目はルーブル美術館へ行きました。 「フランスへ行く」と行くと決めたら絶対にはずせない名所の1つです。 混み始める前にと思い、9:00の開館に合わせて到着しました。 入口でまずオーディオを借りて、説明を聞きながらその大量の美術品に立ち向かいます。 ただ見ているだけでも面白いのです…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-22

フランス旅行記〜ヴェルサイユ宮殿で迷子になる〜

ヴェルサイユ宮殿の見どころは、建物ばかりではありません。 その後ろには、ルイ14世お気に入りの815ヘクタールもの庭園があります。 すべて見て回ったら半日はかかってしまうほどの大きさです。 宮殿のすぐ裏手には長細い大きな池があり、青く澄んだ空を反射しています。 庭園の緑とのコントラストはとても美しい…

続きを読む »

Comment 2 | TrackBack 0

2003-10-21

フランス旅行記〜王様の寝室〜

その昔、ヴェルサイユ宮殿に訪れた貴族たちがそうしたように、私はまず待合室に通されました。 貴族たちはここで乗ってきた籠を降りて、連れてきた召使いと共に謁見の時間を待ったのでしょうか。 その部屋には大きな絵が2枚ありました。 奥に入っていくと、次第に部屋は薄暗くなり、そして豪華になっていくような気がし…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-17

フランス旅行記 〜RERに乗ってルイ14世に会いに行こう〜

9月19日。 7時過ぎに起床、外はさわやかに晴れていました。 昨日ジャックマールアンドル美術館へ行ってから、今日からはパリの美術館巡りを始めようと決めていました。 今日は、まずベルサイユ宮殿へ行き、時間があればサントシャペル教会へ行く予定です。 ベルサイユ宮殿はパリから地下鉄に乗り、途中「RER」と…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-10

フランス旅行記 〜アメリを訪ねる〜

9月18日。 昨夜飲んだカモミールティーが効いたのか、9時半まで寝ていました。 今日も晴れていて暑くなりそう。 朝ご飯は、ライ麦食パンに生ハムを挟んで食べました。 そして、まずは友人と郵便局へ。友人の自宅から荷物が届いたのです。 中国もそうですが、荷物が届くと通知だけが来て、荷物は郵便局が預かってい…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-08

フランス旅行記 〜美味しい都〜

9月17日快晴。 今日は水曜日、友人の家がある「La Motte Picquet Grenelle」駅付近に朝市が出ます。 果物、パン、チーズ、肉、魚といった食品をはじめ、洋服や日用品などが屋台に並べられています。 さわやかなその朝市の様子は、混んでいても、北京のそういった市場とはまるで違う雰囲気で…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-07

フランス旅行記 〜パリ0地点で願う〜

9月16日快晴。 昨夜は、2段ベットの1段目を借り、ぐっすりと寝ました。 授業が始まる3時過ぎまで、友人がパリを案内してくれることになりました。 友人の家からエッフェル塔までは歩いて15分程です。 青空をバックにエッフェル塔が映えます。 つい先日まで自分がヨーロッパに来るなんて思わなかったことを考え…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-02

フランス旅行記〜光るエッフェル塔を観た!〜

9月12日は中秋の名月でした。 中国では、月餅を食べます。 私は月と火星を見ながら月餅を食べ食べ、2日後に控えたフランスを思っていました。 9月14日快晴。午後2時55分の便でひとまず日本へ向かいました。この日は成田のホテルに1泊します。 9月15日晴れ、強風。成田で慌ててフランスの旅行ガイドブック…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-10-01

出国命令?!

10月になりました。 SARSの影響で4月の終わり、例年より早く日本へ戻り、4カ月間という長い夏休み(?)を過ごしました。 9月にやっと北京に戻り、先学期の宿題に追われながらも、新学期からはいよいよ4年生です。 卒業制作や論文の準備を......と思っていたのもつかの間、問題が発生しました。 この度…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-9-12

激辛!「陳麻婆豆腐」

私は、自称「辛いもの好き」です。 家族の中では私が一番辛いものが平気で、カレーはいつも「辛口」。 だから世間でも「辛い物好き」の部類に入るものだと信じ込んでいました。 しかし、最近では私が「辛くて食べれない、限界」と思うようなものも平気で食べている人がいると 「辛いもの好き」という自信を少しずつなく…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-8-18

10万にまつわるお話

※10万アクセスを記念して、10万に関する話題を集めてみました。 日常生活の中の10万 ■10万本のたばこを...... 1日に1箱たばこを吸うと...... 1年で、365箱×20本=7,300本 14年弱で100,000本を吸うことになります。 喫煙者のみなさ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-8-15

父が作った野菜

夏になると思い出すもの。 その1つに、野菜の浅漬けがあります。夏になると母はいつもきゅうりやなすびなどの野菜を浅漬けにして食卓に出していました。 私の実家は農家です。主に米を作っていますが、畑では自分たちが食べる分だけの野菜を季節ごとに栽培しています。米を作っているので当然朝からご飯食だったわが家で…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-8-06

遥かなるe-Learning(3)

今回のe-learning展では、コンテンツゾーン内の一番小さなブースを借りて出展しました。会場の隅っこで、人通りも多いとはいえず、来場された方でも気づかれなかった方もおられたと思います。 その上、ブース正面の社名プレートやカーペットなど、標準的なオプションも付けず、あくまで自前主義にこだわりました…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-8-06

遥かなるe-Learning(2)

今回は本物なのか、それともまたブームで終わるのか......。 e-learning展の会場を見て回るなかでその答えを見いだすことはできませんでした。確かに技術はすごく進化したように思えます。安価なプラットホームも出てきましたし、コンテンツが非常に充実しているブースもありました。 しかし、まだ何か素…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-8-06

遥かなるe-Learning(1)

7月30日から8月1日にかけて、『e-learning WORLD 2003』という展示会に出展しました。 2月に出展した『HRD JAPAN EXPO 2003』 に比べると、規模も大きく華やかでした。たぶん、教育関係の展示会としてはこれまでで最大規模のものではないかと思います。 教育とコンピュー…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-7-15

小さな幸運

先日「約2億円の馬券が当たった人がいる!」とニュースで報道していました。 大金とは縁のない我が家ではそのような話は無縁のこと。 ひとごとのように聞き流しながらも、世の中には運のいい人もいるもんだなあ、と我が身を恨めしく思ったりもします。 そんな我が家にも小さな小さな幸運が舞い込んできました。 あるサ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-7-07

七夕さま

むかしむかし、働きものの牛飼いの男がいました。 ある日湖を通りかかると、美しい女性が水浴びをしていました。女性を好きになってしまった牛飼いは女性の羽衣を隠してしまいました。その美しい女性は織姫といい、実は天界の人だったのです。天に戻れなくなった織姫は牛飼いと暮らしました。そしてお互いにとても愛し合っ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-7-03

梅雨にしびれる山椒はいかが?

青山椒の塩漬を買ってきました。 パックのフタを開けると、香りがやわらかに鼻を刺激します。 急に懐かしい気分になりました。 中国では乾燥した山椒をいつも食べていたからです。中華料理には欠かせない香辛料の1つです。 まだ慣れていないころは、粒を食べてしまい「あわわ、食べちゃったー」と思っていました。しか…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-6-17

免許

先日運転免許の更新をしました。 2度目の更新です。 新しい免許証を見ると、有効期限のラベルが金色です。これってもしかしてゴールド?! 「免許の条件等」の欄には「優良」の文字があります。 私は今まで無事故無違反の優良ドライバーです。事故も違反も起こせないペーパードライバーだからです。 自動車教習所を卒…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-6-12

吸血鬼も怖くない?!

ニンニク注射というのが話題になっていると聞きました。 ※注:実際はニンニクが入っているのではなく、「元気になる」というイメージで名づけられたそうです。 久しぶりに日本へ戻ってきて、ショック第1弾はニンニクについてでした。 ニンニクは、北京ではどんな料理にも入っています。 炒めたものにごろごろと入って…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-5-28

(臨時)ハンドベル部活動報告

ナビゲートで臨時の部活動がありました。 活動内容は「ハンドベル」。(以下の写真をご参照ください。) 先日ナビゲートスタッフの1人[J]が結婚することになり、私たちスタッフも披露宴に招待されることになりました。 そこで新郎新婦のはなむけに、何かお祝いの出し物をすることになったのですが、なかなかアイデア…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-5-22

SARSについて

WHOの調査が入り、北京でのSARS感染拡大が明らかになってからすでに1カ月が経ちました。 私も日本へ帰国して3週間が過ぎました。 帰国前の北京での生活はまるで病院にいるようでした。 中国の大学は全寮制です。同じ敷地内に先生や学生をはじめ、大学で働く大勢の人が共に暮らしています。 大学内で感染者が出…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-5-20

新人のころの思い出 〜初月給編(2)〜果たされなかった約束

新人のころ、「初月給で祖母に何か買ってあげたい」そう思ってました。前回「初月給編(1)」の続きです。 祖母は当時82歳。明治の生まれです。引っつめた髪をまげに結い、いつも着物を着てその上に前掛けをしてました。まるで磯野フネのような、典型的なおばあちゃんモードです。(そういえば最近はこうした装いをまっ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-5-13

新人のころの思い出 〜初月給編(1)〜

新人のころ、わくわくしたことといえば何ですか? 私にとっては、1つは自分の机がやってきたとき(私には机がなかったので。→ 「電話編」参照)。もう1つは名刺ができてきたとき。そしてもう1つは、給与明細を渡されたときです。 この3つのシーンは、今も当時のわくわく感とともに覚えています。 特に給与明細はな…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-5-09

癒されるもの

「ヒーリング」「癒し」という言葉をよく耳にします。 辞書を調べてみると、『ヒーリング:心身に働きかけて生命力・自己治癒力を引き出し,治癒・回復を促す活動。癒し。』となっています。 私にとって「癒し」となるものは以前実家で飼っていた猫です。 今は残念ながら賃貸住宅に住んでいるためペットを飼うことができ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-4-28

ちょっとした工夫

最近引っ越しをしました。 今まで使っていたものをそのまま持ち込んだり、「この際だ。買っちゃえ!」と新たな買い物をしたり......。 生活していく環境を考えていくのは楽しいものです。 洗面所にごみ箱がありませんでした。 住み始めなので、私なりにオシャレにしたい。できれば、ごみ箱には見えないものを、さ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-4-15

新人のころの思い出〜電話編〜

新人のころ、私は妙に張り切ってました。世間知らずで恐いものなしで素朴でした。 私が配属されたのは企画課というところでした。本当は編集課に配属の予定だったようなのですが、当時企画課がとても忙しく、「ちょっと新人貸してくれない?」というわけで、とりあえず配属されたのです。そんなことを知ったのは数カ月も後…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-4-14

新入社員研修はじまってます

4月に入り、電車内でも新入社員らしき人たちを見ることが多くなりました。 スーツを着慣れていない感じなのもありますが、いろいろな手続用書類を読んでいたり、大きな荷物を持ったグループが研修について話している場面なども見られ、なんとなく新入社員だとわかります。 私は電車通勤をしているのですが、先日ある駅の…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-4-11

横浜に来て4年。 最初は故郷に"帰る"、横浜に"行く"でしたが、今ではどちらも"帰る"になった気がします。 その中で多くの人に出会いました。 新しい会社の仲間たち。社員教育に携わるという仕事柄、たくさんの企業の方と接することもできました。 また遠い昔、私が新入社員で故郷にいたころ、知りあえた関東の方…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-4-08

北京にも危険が迫る?!

戦争に続いて、原因不明の病気が流行し、世の中が何だか揺れています。 母親が「中国では情報が伝わっていないようだけど、気をつけないと......。帰ってくるにも飛行機が心配だし......。」と慌てて電話してきました。 確かに、このなぞの肺炎「SARS」が中国で報道されるようになってからまだ1週間ほど…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-3-26

戦争

戦争が始まってしまいました。 戦争、それをどこまで理解できるのかわかりません。いいえ、まったく理解なんてできない気がします。 戦争には反対。 そう言える平和な現代の日本人として、世界各国で繰り返される戦いを評価できるのでしょうか? 「傷つけることで笑顔は生まれない」のだから傷つけあうのはやめてほしい…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-3-13

遅咲きの梅と、早咲きの桜

3月の第1、2週の週末、梅と桜を見に行ってきました。 関東の春はまだ2回目の私にとって、あちこちで見かける「梅」や「桜」の観光名所を紹介したポスターにうっとり。「行きたい!行きたい」と大騒ぎです。 たった2人家族の我が家ですが、仕事の関係でお休みが合うことはなかなかありません。しかし今回は2週続けて…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-3-05

「山東省維坊市と高密市〜番外編2」ラブラブトレイン

日本の新幹線などは進行方向に向かって席が配置されていますが、中国の長距離電車は2人か3人ずつが向き合う形になっています。 つまり4人か6人のボックス型です。 日本の乗り物と比べると、仕切りのような物がなく顔も向かい合っているので、 他の乗客を意識しないでいられることは難しいです。 例えば、向かいや隣…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-3-03

「山東省維坊市と高密市〜番外編1」真夜中の到着

旅行に行くとトラブルは付き物、しかし思い出になれば楽しいものです。 今回の冬休みの旅行はちょうど春節(旧正月)が近い時期で、多くの人が故郷に帰るなど 移動する時期だったため、電車も飛行機も切符を買うのは大変でした。 朝6時になったばかりだというのに、20カ所以上ある切符売り場の窓口全てに長蛇の列がで…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-2-26

ハルピンへ行く

ハルピンへ行ってきました。 「氷祭りが見たい」そう思いました。 ずいぶん前から「ハルピン」という場所が気になっていました。雑誌で見た(たぶん日本の)氷祭りの 氷の中で光が灯る幻想的な印象に魅かれたこと、そして、その祭りはハルピンから来たということ。 それから、私が初めて中国語を習った先生がハルピン生…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-2-26

山東省維坊市と高密市

山東省維坊(ウェイファン)市と高密(ガオミ)市へ行ってきました。 今回の目的は、維坊市(*1)とその隣の高密市の民間工芸作家を訪ねることでした。 まず行ったのは、維坊市郊外「楊家埠」(ヤンジィアーブ)です。 ここには木版年画(中国で正月に門などに飾る絵)の工房があります。 天津の「楊柳青」(ヤンリィ…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-2-26

春節

中国も新年を迎えました。今年は2月1日が春節(旧正月)で、西暦のちょうど1カ月後でした。 中国では、元旦(西暦の正月)は「日付がただ変わった」という感じですが、春節は違います。 大晦日(今年は1月31日)は近所の至る所で「ボーン、ボーン」と爆発音が聞こえ、夜になると花火も見えはじめ、 さらに年が明け…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-1-28

ただ今営業中?食事中?

食事は時間を外すと困ることはありませんか?たとえば、午後2時を過ぎるとランチ定食がなくなり、休憩に入るお店もたくさんあります。北京でも時間外に食事をすることはスムーズではありません。 先日買い物をしていて、昼食が3時近くになってしまったときのことです。 「もう休憩で入れてくれないかな?」と心配しなが…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

2003-1-21

寒さ本番ですが......

大寒を迎えました。一年で一番寒い時期ですが、一方では少しずつ春へ向かっているようです。 春をイメージするものは人によってそれぞれだと思いますが、私がイメージするものの中に「イチゴ」があります。 最近では栽培技術の向上などもあり、クリスマスくらいから店頭に並ぶようになりましたが、赤くて、甘酸っぱい香り…

続きを読む »

Comment 0 | TrackBack 0

▲このページの先頭へ

過去分一覧(年度別)

過去分一覧(月別)

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.